耐久性を高める

外壁塗装や屋根塗装をする意味は住まいの耐久性を保つためです。屋根に使われる素材の中には再塗装を行わないといけないモノがあります。その塗装を行わないと長く住むことができる住宅を手に入れることができません。

Read More

住まいで注目するところ

多くの人は内部の修繕を行なうことは多いです。内部よりも外部の方が周りの人に見られてしまいます。そのため、外部が劣化している場合は早急に外構工事を利用することで綺麗な見た目を維持している住まいを手に入れることができます。

Read More

劣化を直す

外壁は室内を守って来た。

家も動植物と同じように、経年とともに劣化します。特に外観上の変化で顕著なのが外壁です。長年の間、風雨やチリ、ホコリから室内を守ってきた結果ですから、そうなるのも当然です。汚れた外壁を見て、ありがとうと感謝の感情さえ湧いてきます。 しかし、劣化を放置しておくとどんどん内部まで侵食します。穴が空いてしまうことさえあります。そうすると虫害や雨漏りの原因になりますので、早めに外壁リフォームすべきです。 外壁リフォームというとサイディングという板を貼り付けるタイプと塗装が一般的です。それぞれ一長一短あります。サイディングは強固で住宅自体の耐震性を上げる効果が期待できますが、逆に総重量が重くなり家を傷める可能性もあります。 手軽な塗装は、独特の臭いを発するので近隣住民に予めお知らせしておくのが礼儀です。気の回る優良な業者であれば、自主的にご近所に挨拶回りをしてくれることもありますが、やはり家主自らご挨拶に向かったほうがいいでしょう。外壁だけでなく、屋根塗装でもやはりご近所にご迷惑をかけることがあるので、あらかじめ挨拶しておくことをおすすめします。

リフォーム方法としては、サイディングより塗装のほうが手軽。

サイティングリフォームの場合は、全体をセラミック製などの板で隙間なく覆うのですから相当な金額になります。平均的な一戸建ての場合、200万円ぐらいは覚悟しておく必要があります。 塗装リフォームの場合は、60万円ぐらいです。使う塗料の色や種類によって、もっと安くなったり高くなったりします。しかし、一軒でだいたい60万円と考えておいて良いでしょう。 もしも平屋ならば、塗料と塗装ローラーやスプレーガンなどでDIY塗装が出来ます。価格は15万もあれば十分に足りてしまいます。これは、あくまでも素人塗装です。プロがやる外壁塗装の耐久性には遠く及ばないことを覚悟しておく必要があります。 DIY塗装して安く済ませるか、少々高くてもプロに頼むか、それは家主の自己判断となります。

出費する費用を計算

外壁塗装を利用する時には、いくら出費することになるかを先に計算することも大事です。外壁塗装は塗装を行なう範囲と塗装の種類によって利用金額に違いがあります。そのため、金額を把握して自分で計算することも可能です。

Read More

目的に違いがある

エクステリアは、住宅を守るための存在でしたが現在では、自分の住宅に個性を出すための手段として利用する人が増えています。そのため、エクステリア専門メーカーも登場しています。

Read More